売却方法とメリット・デメリット

「仲介」と「買取」の違いとは?

不動産の売却を行う際に、不動産を一般のお客様が主に購入する「仲介」での売却方法と不動産会社が直接購入する「買取」での売却方法の2通りあることはご存じでしょうか?

では、まず不動産の「仲介」と「買取」の違いについてご紹介します。

通常、不動産会社が査定した際に算出されるのは「仲介」で売る場合の価格です。

「仲介」の場合

売主様(お客様)が買主様に不動産を売る方法です。不動産会社は、お客様から売却の依頼を受けて、販売活動を行い、買主様との間に入って金額などの条件をまとめます。

販売活動や契約などの各種手続きに対する報酬として仲介手数料をいただきます。

「買取」の場合

不動産会社がご所有の不動産を買い取る方法です。不動産会社は、買い取った物件を解体・造成したり、リフォームを行って再販売し、売れた値段との差額を利益とします。

再販売で売れた値段を利益とするため、売買価格は「買取」の方が「仲介」より、確実に安くなります。

仲介画像
買取画像

「仲介」と「買取」のメリット・デメリット

次は「仲介」と「買取」のメリット・デメリットについてご紹介します。

「仲介」のメリット

□市場価格で売れるため「買取」よりも

 高く売ることができる

□お客様の希望価格で売り出すことができる

「買取」のメリット

□すぐに現金化できる

□近所に知られずに売却できる

□売却の条件によっては手間がかからない

「仲介」のデメリット

□いつ売れるかわからない

□いくらで売れるかわからない

□売却後にトラブルが発生する

可能性がある。

※欠陥や過失があった場合

「買取」のデメリット

□「仲介」よりも安くなってしまう

「仲介」と「買取」どっちがおすすめ?

「仲介」がおすすめの方

□なるべく高く売りたい

□急ぎではない

 

「買取」がおすすめの方

□すぐに現金が必要な方(相続税の納税のため、借金返済など)

□近所の人に知られたくない方

□敷地が大きすぎる方

 ※敷地が大きすぎると一般購入者では購入できない金額になるため

□買い替えをする方

 ※新しい住まいを購入するための住宅ローンを組むために、現在の住宅ローンを完済する

  必要があります。

「仲介+買取保証」という売り方もあります。

「仲介+買取保証」とは、まずお客様のご希望価格で販売を行います。

一定期間内に売却できなかった場合には、あらかじめお約束した価格で買い取りいたします。

 

こんな方におすすめです!

□まずは、高めの金額で売り出したい。

□売らなければならない時期が決まっている

 

まずはお気軽にご相談ください