中古住宅とは?

中古住宅とは?その魅力とは?

中古住宅とは、完成して1年以上経過している住居のことを指します。

「中古住宅って、実際どうなの??」などご不安な方々もいるのではないでしょうか。ここでは、中古住宅の魅力を3点ご紹介致します。

1.新築に比べて価格が安い!

新築住宅に比べて、安い価格で購入することができます。

新築住宅の価格は、売主経費(広告・人件費等)と併せて企業が運営していくための利益が加味された販売価格になっています。一方で、中古住宅は、土地と建物のみの価格になります。ここに、価格差が生じてくるというわけです。但し、中古住宅の築年数や建物状態、スペックによっては、リフォーム費用が新築住宅よりもかかってしまう場合もあるので、必ず新築住宅よりも安いというわけではないですし、実際に物件を見て判断する必要があります。

 

物件が適正な価格であるか、耐震性に問題ないかなど、購入前に専門家による住宅診断(インスペクション)をすることで、中古住宅の劣化状況や見えない部分の破損、住宅の状態になど総合的な評価を得ることもできます。

自分のこだわりマイホームを実現できる!

中古住宅はリノベーション/リフォームをすることで、自分好みのこだわり空間を作り上げることができます。

新築住宅と比較して、立地条件も環境も満足できる価格で購入しやすいため、中古住宅の購入金額を安く抑えることで、リノベーション/リフォーム費用に充てられます。古くなった住宅設備も、最新鋭のモデルに一新することができますので、住宅機能性も新築住宅と変わらないと言っても過言ではありません。

 

一般的な分譲住宅はひと味もふた味も違った、周りに自慢できるこだわりの住空間を実現することが可能です。

実際に自分の目で見て検討できる!

新築注文住宅を購入する場合、建物が完成してからでないとわからないことがたくさんあります。

例えば、各部屋の広さ・陽当たり・風通し・外を見た時の眺望、隣地との距離感など。もちろん、分譲住宅であれば、完成してから検討することは可能です。

 

中古住宅の場合、既に建物が完成しているため、図面やパンフレットではわかりにくいことが、実際に住宅内外を見て確認することができます。また、物件によっては、まだ売主が居住中の場合もあるため、「近隣にどんな人が住んでいるのか」「買い物はどこに行くのか」など「生」の情報を直接聞くことができます。