空き家対策

空き家の対策方法とは?

空き家のリスクを回避・軽減するためにはどうすれば良いのでしょうか?

代表的な3つの対策:「売却・管理・再活用」をご紹介致します。

1. 売却して現金化する

将来的に利用予定がなければ「売却」することで現金化し現在の生活をより豊かにしたり、老後資金に充てることができます。

また、固定資産税の支払いが無くなり、めんどうな管理や近隣へ迷惑が掛かるリスクも無くなるため、精神的な負担も軽減することが可能です。

 

<オススメの方>

将来的に空き家/土地を利用する予定・目的が無い方

手っ取り早く現金化することで、現在の生活をより豊かにしたい方

 

<メリット>

・手っ取り早く現金化できる

・固定資産税を支払う必要がなくなる

・管理(草むしり、郵送物の処理など)の負担がなくなる

・近隣に迷惑をかける心配/不安がなくなる

・確定申告も1度で済む

 

<デメリット>

・所有資産としての空き家を手放すことになる

・立地、空き家の状態によっては売却が困難な場合がある

 

 

将来的な利用目的も無いまま放置すると、固定資産税を支払い続けることになり、経済的負担が続いてしまいます。

売却することで経済的な負担が軽減されるのみならず、現金化することで自宅リフォーム・子供の教育資金・趣味・老後資金など様々なことに充当することが可能です。

また、空き家リスクのひとつ:周囲への迷惑や苦情といったリスクも一発で解消されるため、精神的な負担・不安・心配も軽減されます。

2. 適切に管理する/管理を委託する

近隣へ迷惑をかけないため、草木の剪定や郵送物の処分、外壁・屋根の状態確認、必要に応じて境界塀や家屋の補強を行う必要があります。

また、遠方にお住まいの方や、管理が面倒な方、物理的に自己管理が困難な場合は、費用は掛かりますが適切な管理を業者に委託しましょう。

 

<オススメの方>

将来的に空き家/土地を利用する予定・目的が決まっている方

 

<メリット>

・将来的に空き家/土地を利用することができる

・適切な管理で資産価値を保つ

・近隣へ迷惑を掛ける心配/不安が軽減される

 

<デメリット>

・なんだかんだ管理はしんどい(定期巡回、草刈り、郵便物処分、換気、通水)

・固定資産税は払い続けることになる

・適切な管理を業者に委託すると費用が掛かる

 

 

将来的に利用するに当たり、建物内部の状態を維持する必要があります。

定期的に換気をしなければ、湿気などで建物構造や内部が劣化してしまう危険性がございます。

また、植栽が繁茂して近隣に越境し周囲に迷惑を掛けることも。

したがって、空き家内外の掃除や内部の換気など定期的に実施する必要がございます。

3-1. 再利用:住み替える

空き家をこだわりのリノベーション/リフォームで住めるようにしたり、新しいお家を建て直したりすることで、空き家/土地を再利用・住むこともできます。

 

<オススメの方>

その空き家の立地が気に入っている方

生活圏があまり変わらない方(近くにお住まいの方)

 

<メリット>

・土地から購入して新築住宅を建てるより格段に安い

・こだわりのリノベーションで自分好みのお家に変身できる

(リノベーション/リフォームの場合)思い出を残すことができる

 

<デメリット>

・築年数によっては、希望のリノベーション/リフォームが困難な場合がある

・希望エリア内にない場合がある

 

 

立地や建物の状態によっては、その空き家所有者のご家族が住むこともできます。

所有資産を有効活用する手段のひとつです。

3-2. 再活用:収益不動産として活用する

空き家にリフォームを施して賃貸することで「収益化」することが可能な場合もあります。

さらに、空き家を解体し駐車場にしたりアパートなどを建て直したりすることで「収益不動産」として新たな資産形成の手段となります。

 

<オススメの方>

他にも資産・土地を所有しており、その運用の一部としてご検討されたい方

 

<メリット>

・中長期的な収益源になる

 

<デメリット>

・毎年、確定申告をする必要がある

・常に満室になるとは限らない(借り手が見つからない場合、収入が得られない)

・借り手が賃料を滞納するリスクがある

・初期投資に大きな費用が発生する

 

 

資産の有効活用の代表例が「収益不動産」として活用する方法です。中長期的に収入を得る方法として有効と言えます。但し、空き家賃貸や駐車場として賃貸する場合、リフォーム代や解体・整備などで「初期投資」が必要となります。

アパート経営は建設費用で多額の資金が必要な他、満室にならず想定していた賃料収入が得られないリスクや、保証人を立てなければならない場合もあります。

よって、立地などによっては事業が成り立たない場合もあることを予めご理解の上、検討する必要がございます。

まずはご相談を!

所有者のご事情や物件の特性によって、選択すべき対策は異なります。

空き家・不動産のプロフェッショナルが、お客様のご事情に合った適切な「空き家対策」をご提案・ご説明致します。